スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.06 (Sun)

7/05 姫路文化センター AYA The witch 凱旋千秋楽


松浦亜弥さん専門ブログ あしたのジョー29.JPG

燃えたよ・・・
燃え尽きた・・・
真っ白にな・・・


ファイナルを迎えるまでは、ツアーが終われば、こんな感じになると思ってた。
燃えカスなんて残らず真っ白になる位、全ての力を使って盛り上がろう、感じようと意気込んで参加した姫路、千秋楽!
盛り上がり、亜弥ちゃんをいっぱい感じられ、感動し、喜びもいっぱいだった、素晴らしい最後の公演だったけど・・・燃え尽き、真っ白になったと言うよりは、

亜弥ちゃんの最高や!
最高な人だよ亜弥ちゃん。
そして、最高のステージを見せてくれて、ありがとう!
また、最高な思い出をありがとう!

しみじみと、その気持ちでいっぱいや!
燃え尽きたと言うよりは、『ありがとう』って事を一番感じました。

感動や元気や楽しさや喜びやきずな。
他にも色んなものをもらい、色んなものを感じさせてくれた。
AYA The Witch 最高のエンディングだった。
そして、2008春ツアー AYA The Witch が終了しました。

亜弥ちゃんのツアーは過去のツアーから亜弥ちゃんの物語を感じて、ずっと物語は進行している。
今まで我武者羅に突っ走ってきて大きくなり、自分の道を見つけて、進化して行き、寄り道もあったけど、それも思い出、経験となり、今までを振り返り今を確かめ、そして、やっと辿り着いた歌や音が飛び交う亜弥ちゃんが望んでいた自分の居場所が今回はあった。
その居場所が、AYA The Witch

凄く、居心地が良かった。
歓喜あふれるツアーだった。
凄く、亜弥ちゃんが詰まったツアーだった。
そして、最高に楽しかった。

ホント、ありがとう、AYA The Witch!
ありがとう、松浦亜弥さん!



千秋楽 姫路文化センター レポ


忘れはしない僕の現場デビュー!
2003年10月26日に行われた、
松浦亜弥CONCERT TOUR2003秋 ~あややヒットパレード~
約、4年と7ヶ月ぶりに姫路文化センターの中に入って、凄く懐かしい気持ちと喜びの気持ちが込み上げてきた。
記憶は薄くなっても、このステージで歌ってた亜弥ちゃんの映像が、ハッキリ頭によぎる!
その時、感じた事を思い出した。
2001年からライトな在宅亜弥ちゃんファンだった自分はコンサートに行く事なんか思いつかなく、誘われたので1回だけ生で見たいという気持ちで参加したのに、生き生きと輝いてる松浦亜弥さんを見て、また見たい!また、ここに来たいと思った事を!
ここから始まった現場参加活動。
懐かしさを、しみじみと感じた。


昼公演

>姫路!ただいま~!いくぞーっ!

意気込み満々で叫ぶ亜弥ちゃん。
そして絶対解ける問題を歌い終わり、会場からおかえり~の声
改めて、ただいまと言う亜弥ちゃん。

>私、ここですね~、2回目らしいんですよ。
2003年に、この会館で(コンサートを)やってるみたいなんです。
姫路に来ても、車の中と会場の中しか居なかったからかな?

と言う亜弥ちゃん。
会場からの『えーっ!』に対して、

>忙しいんです!
だからここで、ちゃんと思い出をつくっていきたいと思うんですが。


との声に会場から笑いが飛ぶ。
前回、姫路文化センターに来た、あややヒットパレードは今までで一番過酷なスケジュールで体調を壊しながらもやり抜いた亜弥ちゃん!
忘れても全然おかしくない位、やりぬく事で必死だった!!
そして、忘れちゃったのを黙ってたらバレないのに、はっきりと報告する男前な性格の亜弥ちゃんがみんな大好き!
だから、その男前の発言が、さすがだな~とか、強引だなって感じの笑いになるのっ(笑)

そして、アンコールの時にも、この話があり、



>今日の姫路のライブ!自分の頭の中に、しっかりと焼付けましょう!
・・・(今日のライブが)始まった時には、てっきり勘違いをしていて姫路の野外のライブを合わせて2回だと思ってたんですけど、今日で3回目だということを・・・デビューして3年目位にココに来てるんですけどね、ホントに記憶がなくて・・・


会場『えーっ!』


>(私って)酷いよねー!
酷いって言って!


会場『酷~い!』


>すいませんでした


会場から笑いと拍手。
さっきは『忙しいんです!』って強引にかき消したかのようだったのに、なんだ!このコミュニケーションは?
って亜弥ちゃんを知らない人は思う人もいるかも知れないね(笑)
気分屋であり、素直な一面を持つ亜弥ちゃんならではの楽しいコミュニケーションは文字ではしっかりと表せない。
感じたい人は、どうぞ現場に来て下さい♪


MC

6月25日の生誕紺の話になり、

>東京の方でなぁ~、ライブしとって、みんなにお祝いしてもらって、サプライズもあって、めちゃ幸せだったんですよ。

と、姫路弁を思い出しながら話す亜弥ちゃん(笑)
その日、家に帰り気付いたらソファーで寝てしまい、『はっ!』と起きたら3時!
ワンちゃん(犬)のトイレにうんちがあって、いつもはうんちをトイレに流してるけど寝ぼけてうんちじゃなく、おしっこシートをトイレに流しちゃってトイレが詰まったみたいでした。
どうしても自力で詰まったのが直らなくて、そこで業者を呼んだけど恥ずかしくて、『うちの妹がやっちゃって!』と言ったみたいでした(笑)
そして、その修理代はなんと5万円もしたみたいで凹んでしまい、そんなテンションが落ちてる中、翌日にaikoさんのライブを見に行き、aikoさんに会いに行った時に部屋で待たされて、そしていきなり電気が消えて部屋が真っ暗になり、停電?かと思った時に、aikoさんとバンドメンバーがHappy Birthday to youを歌いながらケーキを持って来てくれたとの事。
嬉しくてテンション上がり、凹んでた事を忘れてaikoさんに救われましたと言う亜弥ちゃんでした(笑)


楽しいMCと亜弥ちゃんの最高な歌を満喫して昼公演が終了!
昼公演は特別に最終日って雰囲気はなく、姫路らしさも少しだけ出てたかなって感じやった。
楽しかったけど、今日は何の日?ここは何処?
千秋楽&凱旋姫路!
そして普通に終わらせてくれないのが亜弥ちゃん!
普通に終わりたくないのが亜弥ちゃんファン!
スペシャル公演は夜なんです♪


夜公演

開演前に、亜弥ちゃんからの場内アナウンスがありました。
関西弁で注意事項を話す亜弥ちゃん。

>開演中、椅子の上に立ち上がったり、通路とか指定された場所以外での~観覧、サイリュームやタオル等の物を投げる、自分の席を離れて前へ駆け出すんは絶対やめてぇ~!
他のお客さんの迷惑になります、みんな大人になりましょ~。
本公演は、ちっちゃいお子さんも、いっぱい来てくれています。
なので、ちびっ子に危険のないように、十分に気を付けていただきたい。
もしも万が一、ちびっ子が泣いたり傷つく様な事があれば、あややお姉ちゃんが許さへんでー!!
以上の行為を発見した場合や、係員の指示に従われない場合、退場していただく事や公演を一時中断、又は中止とさせていただく事もありますので、

会場『えーっ!』

>大人になりましょう。
それではまもなく開演で~す。
ストレス発散して帰ってね♪
松浦亜弥でした~。

久しぶりの亜弥ちゃんからの場内アナウンス!
発音が凄く亜弥ちゃんの関西弁!亜弥ちゃんの姫路風♪
最強のアナウンスから、最高のmaid in JAPAN 姫路公演が始まった!


MC

今日のコンサートの一日前から姫路に帰ってきてて、友達の家に行った話。
久しぶりに帰って来るという事で友達が集まってくれたみたいです。
その中にいる友達の赤ちゃんをまだ1回も抱いていなくて、その赤ちゃんは、もうすぐ2歳になるとの事。
何か気が付かなかったけど、多分会場の一部の反応から、

>出来ちゃった結婚だよね♪(笑)
いいでしょ!いいでしょ!(新しい命が生まれるのは)めでたい話ですよ!

と言う亜弥ちゃん。
亜弥ちゃんも出来ちゃった婚で生まれたひとり。
出来ちゃった婚でも、大切なのは生まれてくれてありがとう!の心なんです。
ナチュラルに『きずな』の歌みたいなシーンに感じる僕でした(笑)

そして、赤ちゃんには私の歌しか聴かせないで!いい子に育つからって友達に言ったみたいです(笑)
そして集まった家に亜弥ちゃんのDVDが置いてあり、みんな(ファン)をお手本に掛け声の練習をしていたとか(笑)
今日のライブに向けて練習をしているみたいですw
そこで、

>(亜弥ちゃんのライブに来るのが)初めての人とかもいるんじゃないかなって思うけど手を上げてとか言いません。
大人になれない人がいるんですよ。
いちいち面倒臭い人がいるんでね。
私、そんなに優しくないんでシカトします。

会場から『えーっ!』

>あ~、じゃあ初めて来たって人いますか?

ヲタが多数、手を上げる。

>ねっ!こうなるでしょ。
そんな訳がない!初めての人がペンライトを何本も持ってますか~?
かまってもらえるんは本当に嬉しいんですけど、初めての人もいらっしゃると思います。
ホントにみんなに圧倒されると思うんです。
初めての人は見よう見真似で、若干リズムに遅れようが、自分で楽しんでいただければね、自分で言うなって話しですけど、高いお金を払って見に来てるんで、思い切りはしゃいで、動きまくって、好きにやってもらって楽しんでほしい。
そのうち、ついていけるように体がなるんですよ。

って話してくれました。
こうなる事は前々から知ってる亜弥ちゃんが今まで何回も聞いてたのは本当に初めて来てくれた人に手を上げて欲しいんだろうと思う。
自分が初めてライブに行った時はDVDで掛け声はしてるから知ってたけど、PPPHとか知らないし会場で踊るなんて事も知らなく、めちゃくちゃノリたくて見よう見真似な微妙なノリだったなぁ~(笑)

そして、亜弥ちゃんが帰ってきたら、みんな、あやや帰ってきたよ!とかサインもらってきなよ!とか近所の人は騒ぐみたい♪
喜んでくれるのは嬉しいけど、家まで暴走族が来たりした時があり警察まで出てきたので姫路では身動きが取りにくいとの事。
その暴走族話は有名。
もしかして族の頭が亜弥ちゃんの大ファンで亜弥ちゃんの凱旋暴走でもしたのかなw
駄目やで!姫路の星に迷惑を掛けちゃ!!!
でも大好きな姫路の亜弥ちゃん!
東京では見れない姫路の夜空に癒されたし、友達もいるし、自分の地元ってのもあるし、癒されにマメに帰ろうかなっと思ったと言う亜弥ちゃんでした♪

そして、

>長々話しましたが、みんな体、固まってないか?べっちょないか?
べっちょないって知ってます?

と言う亜弥ちゃん。
バンドメンバーに聞いても、みんな知らない。

>『べっちょ』で止めたらダメですよ!
山形の方では下ネタになっちゃうんだって!
初めてステージで『べっちょない』って言った時、スタッフに止められて怒られたとか。
でも、姫路では大丈夫って意味なんです!
みんな!べっちょないか~!
体固まってない?べっちょないか~!
2階席も、べっちょないか~!
みんなで、べっちょないか~!
このまま行ってみよぉ~!

と歌が始まる。
べっちょないのオンパレード(笑)
亜弥ちゃんの姫路を感じて嬉しくなってきた!
しかし山形の人が聞いたら、『べっちょ』ないか~!って聞こえて、『んだ!あややさ大変なごどなってんだはぁ~』!ってなるの?
山形の皆さん!亜弥ちゃんはべっちょない!べっちょない♪


鏡の AYA The Witch コーナー

いつも通り、杖をついた怪しげな老人ふうの人が出てきたんやけど、ギターのキクちゃんに何か渡してステージから消える。
渡された物はカンペでした(笑)

そして録音の亜弥ちゃんの声が流れてる時にバンドメンバーが会場にカンペを見せる。
カンペに書かれてるのは、『デビ夫人』
そして亜弥ちゃんのこのセリフが流れる。

>この世で一番美しいのは、だ~れ?

会場みんなが声を揃えて『デビ夫人!』
録音の音源なので亜弥ちゃんは無反応(笑)
そして音源が続く、

>みんなの声が揃うまで、出ていかへんで~

思い切り揃ったのにと会場から笑いが飛ぶ。
そして、2回目!
次のカンペはウォーズマンの絵が描いている。
いつも通りに流れる録音の亜弥ちゃんのセリフ。

>きっと、今度は大きな声で言ってくれるでしょ?
鏡よ、鏡よ、鏡さん。この世で、い~っちばん、美しいのは、だ~れ?

会場みんなで、『ウォーズマン!』

ステージ裏での亜弥ちゃんの反応がホントに見たい(笑)
次のカンペは『俺』
ココで録音の音源は終り!
リアルな亜弥ちゃんからの声が聞こえる。

>このやろぉーーーーーっ!はっはっは~(笑)
シュシュッ!!!
(笑いをこらえながら)鏡よ・・・鏡よ、かがみさんっ
世界で、い~っちばん、美しいのは、だ~れ!(笑)

会場『俺~!』

>だから、でしゃばるバンドメンバーは嫌だったのよ~(笑)
この後も、無事にライブが進められる為にも・・・お客さん、そしてバンドメンバー!
声を合わして言う言葉♪
ふぅ~ふぅ~ふ!(あ~や~や)
三文字の言葉を、きっとみんなは大きな声で言ってくれるんでしょぉ~!!!

ここで、またカンペが出る。
書かれてるのは『あやや
ステージの袖で見ている亜弥ちゃん(バンドメンバーが袖を見て亜弥ちゃんの反応を見ていた感じだったのでw)はバンドメンバーがカンペを出す事で、やりにくいって叫ぶ(笑)
カンペの内容まで見れない亜弥ちゃんは、

>鏡よ、鏡よ、鏡さん!
世界で一番・・・信じてるよ!
美しいのは、だ~れ?

会場『あややーっ!!!』

>出ますともっ!!!(怒)

ちくしょ~って感じで出てきて、

>信じらんな~い!信じらんない!
さっきさぁ~、楽屋に行ったの!
そしたら扉が閉まってて、今着替えてるからダメって言われたの。
でも、何かね、ガサガサって聞こえて、着替えるのに何の音だと?
これか~っ!
信じらんな~い。
今日のバンドメンバー紹介の時、覚えてて!覚悟しとうた方がいいよ(笑)

って言う亜弥ちゃんでした。
そして、その流れできずなの歌の説明をしなければいけない亜弥ちゃん。

>ここからね!しっとりと良い空気に持っていかないと駄目なの、私!この流れから!(笑)
・・・しぃーーー!
良し!みんな1回黙って目をつぶってもらって、今の10分位の事を忘れて下さい。
忘れないと~、みんなの背後から~

会場の誰かが『ウォーズマンが!』

>ホントねぇ~!負けへんで!
強引に持っていく!今から!
今からしっとりしてっ!!!もうっ!
ふふふっ(笑)
あの~どうやってもっていきましょうか?もーっ!わか~んないっ。

会場の誰かが『無理よ!』って言う。

>無理よね!そう思います!
無理だと思う。無理だと思う・・・もう。
みんな(公演が)始まる前の事を思い出してもらっていいですか?
場内アナウンスが流れたと思うんですけど、そう言えば、とびきり可愛い声で今日聞けた、そんな気もしなくはないですけど、その中で、何かあれば公演を中止とか?

会場から『えーっ!』

>え~っと、このライブの主役は誰でしたっけ?(笑)

会場から『あややー!』

>みんな、あやや帝國にいるんですからね。
ちゃんと従っていただきたい、いいですか(笑)
みんな大人になって!空気を変えます。

と言って、『きずな』の歌の説明。
そのきずなの話の中で、会場のみんなに、きずなって壊れるのも簡単なの!って会場を見ながら話す亜弥ちゃんでした(笑)
亜弥ちゃんのウォーズマンネタとか、最近なくなってきたけど年齢詐称疑惑ネタでの、『えーっ!』とか、冗談なんだけど、この手のS系?の亜弥ちゃんをイジるネタは、しつこい位続くので、僕は好きになれないネタでもあるんですよね。
亜弥ちゃんが、しつこい過ぎて嫌気をさしてるみたいに感じる時もあるし。
しかし、こうゆうサプライズ的なら凄く楽しい!
何が楽しいかって言ったら亜弥ちゃんの反応。
同じネタでも、ここ一番で、みんなで団結して使うと亜弥ちゃんの反応は凄く楽しい。
そしてカンペの力もあったけど、世界で一番美しいのは、『あややー!』って、会場みんなで声を揃えて大きく響いたのが、凄く気持ちが良かった♪
あやや帝國万歳!!!


掛け声、姫路バージョンとバンド紹介

奇跡の香りダンスの声を出し合う時は、亜弥ちゃんがストレスを飛ばして皆スッキリしてって言って、『馬鹿野朗!』、『負けねえぞ!』を亜弥ちゃんと会場で一緒に叫ぶ!
ここは関西でもシード枠のやんちゃな街、姫路。
めちゃくちゃさが何とも姫路っぽく、気分は姫路っ子(笑)
そして歌の途中でバンド紹介。
亜弥ちゃんが覚悟しといた方がいいよって言ってたバンド紹介!

>ここでバンドメンバーの紹介をしま~す!
亜弥ちゃんの仕返しの時間で~す!
紹介した時に何か曲を奏いてね~

なんともやさしい仕返し!
嫌よ嫌よも好きのうち!亜弥ちゃんはサプライズが嬉しかったのです♪
そして亜弥ちゃんらしい音楽での仕返し!

ベースの梶やん!いつも通りの『ね~え』の後に猪木ネタ。
会場みんなで、1,2,3、俺!
正直、梶やんネタはさぶいと感じるネタばかりだけど、亜弥ちゃんとバンドメンバーと客との楽しい雰囲気に満ちた事で楽しくなるんです。
パーカッションのふくちゃん!『正露丸のCMの曲』
そこで亜弥ちゃんは正露丸をラップに包んで海外にいったら、何の薬だと言われて取られたとの事(笑)
ドラムのとしちゃんは、競馬とかで使われるファンファーレ。
そして後は通常通りの紹介でした。


アンコールの時のMC

LOVE涙色を歌い終わった後、

>5月から、ずっと、やってきてます AYA The Witch
本当に楽しかったって、この言葉!
この言葉がピッタリなんですよ。
簡単に言えるけどもね、楽しかったですって(言葉は)ね。
本当に、この言葉がピッタリなんです。
今回は、ずっとずっと前から、頭っから最後まで全部、生のフルバンドでやりたいってのがあって、その形でやらさせていただいたんですけども、やっぱりこう、私が個人的に感じるのは、緊張感とか・・・誰かが間違ったらとか・・・俺じゃな~い。あたしだよって(笑)
たまらないわけですよ、私が変なふうに歌っても、みんな(バンドメンバー)一生懸命ついて来てくれるんです。
カバーしてくれるんですよ。
私は逆に、みんなについて行ってるって気分、感じなんですけど、みんな(バンドメンバー)の心臓の音が聞こえそうな・・・それがホントにたまらなくって・・・自分も言ってしまえば声と言う楽器ですよ。
色んな楽器がひとつになるっていう心地良さがたまらないですね。
みんな(会場に来てるお客さん)の声だって手拍子だって楽器だったりするわけですよ。
みんなとひとつになれてるって、この感じは、ホントに!ホントに!いいな~って!歌って素晴らしいなって!皆さんのおかげで改めて感じる事が出来ました!
ありがとうございます!


色んな所で、歌う事が楽しくて仕方ないと言ってた亜弥ちゃん。
その歌を、ずっとずっとやりたかった全曲フルバンドで歌えた今回のツアー!
亜弥ちゃんが思ってる以上に、見てる側も楽しそうな亜弥ちゃんが見れた。
そして、このツアーは、色んなものが、いっぱい詰まってるって感じさせてくれるんだけど、そのひとつが、バンドメンバー(コーラス含む)と亜弥ちゃん。
今回のツアーで、フル生演奏が最高なのは言うまでもないけど、その最高な生演奏で気持ちのままに楽しく歌えてる亜弥ちゃんは、気持ちのままに仲良く楽しくバンドメンバーと振れ合えてるから。
極端にいうと、好きでもないメンバーと一緒にやってたら、ここまで楽しんでる亜弥ちゃんは感じられないと思う。
僕みたいな素人には音の良さ、演奏の上手さなんか解らない。
なので、バンドメンバーさんの演奏のレベルがどの位なんてのは解らないけど、聴いてて気持ち良い音が出てた。
気持ちが演奏にまで出るんだとしたら、きっとバンドメンバーの人達は亜弥ちゃんの念願のステージを亜弥ちゃんと一緒に最高のステージにしたいと思った、そんな気持ちが入った演奏だったのではと思う。
亜弥ちゃんの声と言う楽器と色んな楽器がひとつになるっていう心地良さ!
それは気持ちが入った最高の音の空間、亜弥ちゃんの歌の空間やね♪

そして、更に亜弥ちゃんから、

>ここまでやってこれたのも、客席にいる皆様のおかげ、それもそうですし、支えてくれるスタッフの皆さんもそうなんだけど、私がデビューをすると、歌手になりたいですと言って上京したのが8年以上も前なんですけど、このステージに立っていられるのは、さかのぼると、もちろん両親に感謝ってなるんですけど、デビューして1年、色んな雑誌とかインタビューとかで『ホームシック?本当にないです!ホント楽しくって~』って物凄く強がって言ってきました。
本当は寂しいに決まってるじゃない、14ちゃい(歳)だよ~
そんなもん寂しいわ~
ひとりでよう泣いたわ~
いや~以外にもろいんですよ(笑)
以外に弱いの。
でも、ずっと支えにしてた曲があって、『さよなら大好きな人』って言う花*花さんの曲があるんですけど、それはですね、私が上京をする日ですね、(上京する日を)一人の友達にしか言ってなかったの。
朝になって家の犬が物凄く吠えるんですよ。
なんじゃと思って(外を)覗いて見たら私の友達が、女の子たちが来ててくれてて、ラジカセ持ってきててさ~、私に頑張って行ってこいよと!
さよなら大好きな亜弥と変えて歌ってくれたんですよ。
その友達は花*花さんが、まさか亡くなったお爺様へ書いた詩とは知らずに歌ってくれたと思いますけれども(笑)
その歌を聴きながら、悲しい時には泣いたりとか・・・ホント私の支えで、うちの両親もホント良い友達をもったねって!これで頑張れるねって!見送ってもらったんですけど、今日は何処にとは言いませんが、その友達たちが来てくれてるんですね。
この場をお借りして、今日は逆に私が曲をお返ししたいと思います。
今まで応援ありがとうという気持ちと、これからも宜しくねという気持ちを込めて、さよなら大好きな人・・・


さよなら大好きな人

アコースティクギターのみの演奏で歌う亜弥ちゃん。
凄く歌声が響く。
気持ちも響く。
亜弥ちゃんの上京話から、何度もその『さよなら大好きな人』を歌ってもらった亜弥ちゃんの上京前の風景を想像して、うるうるした。
テレビでは、



↑少し前にコラボ☆ラボで歌ってくれて、2004年の僕らの音楽でも歌ってくれたけど、生で聴いてみたいと凄く願ってた歌。
亜弥ちゃんは、どんな言葉より励みになった歌だと思う。
その友達から贈ってもらった歌を、気持ちを込めて贈り返す。
歌詞の意味とは違う、『今まで頑張れた!大好きな人ありがとう』って気持ちがこもった歌。
友達に贈った歌だけど、ファンにも心が震える感動のサプライズの歌。
歌の終わりに見に来てくれた3人の友達の名前(亜弥ちゃんの呼び方)をいって、ありがとうと・・・
そして歌い終わり、恥ずかしがる亜弥ちゃん。

>あらためて友達にそうゆうのを言うのが恥ずかしくて、せっかくステージに立つお仕事をさせていただいてるので、この場を借りて、皆様にも良い空気をつくっていただき、お礼が言えて良かったです。
ありがとうございます。

約8年が経ち、思い出の姫路で友達にお返しが出来た亜弥ちゃんでした。


最後のMC、そしてAYA The Witch 終了

亜弥ちゃんから、

>私の中ではホントに今回、満足をしていて楽しいな、ホントに沢山得られるものがあった~
周りの人にも言われるのがホント楽しそうに歌ってるねと、物凄く顔に出ちゃうタイプなんですよ(笑)
だからホントに!ホントに楽しんでステージをする事が出来ましたが、それもやっぱり影で頑張ってくださってる人達が沢山います。
このライブ、ホントに時間のない中で、皆さんは準備をしてくださいました。
このライブに関わっているスタッフの皆様、うちのマネージメントサイド、それから、ちゃんと言った事を、覚えたようで踊ってくれない私に(笑)しっかり教えてくれる、よしこことミンミン、いつも綺麗にしてくれる・・・汗をかいてびちょびちょにしてしまいますが、綺麗に綺麗にあややにしてくださるヘアメイクの姉御に・・・色んな人に感謝はしたいんですけど、皆さんも一緒に大きな拍手をお願いします。
そして、もう一度、改めてこんなめちゃくちゃな私について来てくださいますバンドメンバーにおっきな拍手です。
そして、そして、もっとめちゃくちゃな、生ものだからって間違ってしまいます自分ですけど、そんな私を温かく応援してくださいます皆様!ホントにありがとーーーーーっ!


会場から大拍手!
そして色んな人への感謝の気持ちを込めて、YOUR SONG~青春宣誓~ を歌ってくれた。
胸がいっぱいで、所々歌詞が詰まる亜弥ちゃん。
そして最後の歌、笑顔に涙 ~THANK YOU! DEAR MY FRIENDS~
凄く泣けてくるのを我慢しているのが伝わる。
声を震わせて歌い、最後は泣き出す亜弥ちゃん。
前にも書いたけど、亜弥ちゃんは2年前位から泣く事が多くなった。
昔と違って人との別れが悲しくて泣くのではなく、嬉しくて泣く事が多くなった。
感情はどんな人でも、ある程度はコントロールが出来ると思うけど、感じる事が大きいとコントロールが出来なくなると思う。
念願のフル演奏は今までの過酷な生活や、今までの努力が報われた公演でもある。
冗談も言い、重くなる事が嫌いそうな亜弥ちゃんは何でも軽めに言うけど、相当な想いがあったツアーだったと思う。
ここまで来れた想い、色んな人に応援され、支えられたって気持ち。
楽しかったツアーの終りが来る現実。
ここで、亜弥ちゃんは何を感じて泣いちゃったのか本人しかわからないけど、そんな想いや、色んな想いから出た気持ち、大きく感じて出た涙。
そんな亜弥ちゃんを見てて、僕も思いきり涙をもらいました。
そして歌い終わり、

>今回の、AYA The Witch  ホントに私は幸せだなっと感じる事が出来たライブでした。
皆さんのおかげです。
どうも、ありがとうございました。
べっちょない!松浦亜弥でしたー!
気を付けて帰ってくださいね。
今日のパワーを明日から、仕事とか学校とかあると思うけど、みんなも頑張ってー!!!

と、最後に元気いっぱいの笑顔を見せてくれてAYA The Witch が終了しました。
公演が終わると凄く寂しくなりました。
幸せいっぱい感じた公演が終り、寂しくなって、なかなか気持ちの切り替えが出来ないって感じ。
終わっちゃったなぁ~ってしみじみと。。。
自分で言うなって感じやけど、いつも公演が終わった後は歓喜に満ち溢れる俺。
いつもとは少し違う感覚だったなぁ~
なんか、浸りたいぞって感覚だった。
楽しかったツアーに、ありがとうの気持ちでホントいっぱい。
公演が終わっても、ありがとうと叫ぶ人が何人もいたなぁ~
ステージの近くまで歩いて行き、亜弥ちゃん本当にありがとうと言いに行く女の子も何人かいたなぁ~
一緒の気持ちかどうかわからないけど、こんなに最高なツアーが出来て、最高な歌がうたえて、楽しいトークもしてくれて、凄く温かい松浦亜弥さん。
ファイナルが終わった時は、終わった時にはありがとうの言葉しか頭に浮かばなかった。
昔から大好きだった、あやや。
今も大好きな、松浦亜弥さん。
今も昔も同じ人。
当たり前だね。
昔があるから今もある。
今があるのは昔もあるから。
なので昔と今は比べられないけど、はっきり言える事がある。
亜弥ちゃんの選んだ道は、最高のステージへと進んで来れたよ!
最高な松浦亜弥さんと成長したよ!
亜弥ちゃんの道について来れて幸せです。
本当にありがとう!
そして、亜弥ちゃんのファンでありがとうと感じた時、亜弥ちゃんのファンでありがたいとも感じた、りゅうでした~!

スポンサーサイト

タグ : 松浦亜弥 あやや AYATheWitch

02:51  |  コンサート、イベント等のレポ  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。