スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.03 (Mon)

開局40周年プログラム『アラフォー~あの日 聴こえてきた音楽は・・・今も輝いている』 松浦亜弥さん出演

NHK-FM40周年記念に約5時間の時間をかけて放送された『アラフォー2』
アラフォー世代をターゲットに今まで発信してきた音楽について語っていくという番組。
その番組にMCとして松浦亜弥さんが司会者と共に番組を進行していきます。


最初に亜弥ちゃんは、

松浦亜弥さん専門ブログ 金髪 あやや03
< 生放送は2時間までしかやった事がないから、ずっとあややでいられるか自信がない。
おじさんになってくるかも知れない。
ずっと、あややでいられるかなぁ?


と、心配してたけど5時間ずっと亜弥ちゃんらしく楽しく話してました。
よそ行きバージョンだったけど(笑)
なんせ音楽を語る時の亜弥ちゃんは凄く純粋!
その辺も兼ねて要所要所の印象に残った事を書いていこうと思います。


~番組のゲストスケジュール~
20時00分 槇原敬之
21時40分 荻野目洋子
23時過ぎ  マーティ・フリードマン
~テレフォンゲスト~
新垣理沙(モー娘)
中村あゆみ
~メッセージ~
北島三郎
高見沢俊彦





其の壱:マッキーの曲『ラブレター』の巻

松浦亜弥さん専門ブログ 槇原敬之
ゲスト:マッキー

亜弥ちゃんは、マッキーの歌の『ラブレター』が大好き。
STBで歌ってくれたし語ってくれたから、もう知ってる事だけど、

松浦亜弥さん専門ブログ 金髪 あやや
< サビがちょっとづつ違って、そのくだりが最高にたまらない!

一つ一つの絵が凄くうかぶんですよ


と、マッキーに熱く語ってました。
そして自分のライブでも歌わせてもらった事を報告。
そこで、

松浦亜弥さん専門ブログ 金髪 あやや03
< ファンのみんなが、私の曲もちゃんと歌ってたのに今日はラブレターがいちばん良かったよって!

と、言ってました。
『ちょっ!えーっ!』って思わず口ずさんでしまった。
確かにラブレターは凄く楽しそうに歌ってたしホントに良かったけど、STBでは新曲や亜弥ちゃんの歌での感動の方が大きかったと思います。
それって俺の周りだけ?いやっ、そんな事はないと思う。

亜弥ちゃんは時々自分が思っている事を大きくしてしまう時があると思う。
でも、そんなけ大きくなるくらい気持ちが高ぶってたんでしょう。たぶん。
みんなが亜弥ちゃんの歌をどんなけ大切だと思ってるかって事が伝わってると思うから細かい事はいいと思うけど、ちょっとだけ寂しかったかも。

でもラブレターを亜弥ちゃんの歌にくれれば一番問題なしかな。(笑)
いやいやっ!マッキーが亜弥ちゃんに曲を描いてくれたら一番良いです!
って、どういう流れでこうなるねんって感じやけどねw

そのマッキーの歌での事は其の参で書きたいと思います。





其の弐:続けていく事は大変の巻

松浦亜弥さん専門ブログ 槇原敬之
ゲスト:マッキー

マッキーは忙し過ぎて嫌になった時期があり、文句ばかり言ってたら楽しいとか嬉しいとかの感覚がなくなり何も感じられなくなってしまった事があったらしい。

そこで、あんなにもやりたかった事なんだぞ!初心を忘れるな!
って思い、こんな簡単な事に、気が付くのに凄く時間がかかった。

と言ってた。
亜弥ちゃんは凄く共感してた。

亜弥ちゃんは以前にも言ってくれた事だけど、

松浦亜弥さん専門ブログ 金髪 あやや02
< ホント忙しい時に自分が写ってる雑誌とかを見てたら全部同じ顔で笑顔が作れるようになってた

心からの笑顔じゃなくて、顔が覚えただけの笑顔
筋肉が覚えた笑顔

そんな笑顔が出来る自分が嫌いになって鏡を見るのもうけつけなくなった

気持ちがない自分が嫌で色んなものに対して考えていかなきゃって思い立ち直るまで何ヶ月もかかった


自分が悲劇のヒロインだと思い込んでた時期の話ですね。
今は全然ないとの事。

壁にぶつかり大きくなった亜弥ちゃんとマッキー。
今が楽しいと強く感じれて、歌が大好きでしっかりした『揺れない心』が持てるのは、気持ちだけじゃなくて、そういう壁を乗り越えてきたからだと強く感じました。





其の参:好きーなものは好ーきーと!言える気持ちの巻

松浦亜弥さん専門ブログ 槇原敬之
ゲスト:マッキー

亜弥ちゃんはマッキーとの会話で終始ファンっぷりを見せてました。
マッキーの歌がホント好きなんだなぁーって感じました。

そこで司会者の荘口さんからマッキーに、今この人に書いてみたい歌ってありますか?と聞かれてた。

マッキーが人に渡した歌といえば、SMAPの『世界に一つだけの花』のイメージが強いんだけど、マッキーは、

実は僕、人に渡す曲って(イメージと違い)意外と描いてないんですよ。

と言ってた。
でも人に歌を渡したくないのではなさそうな感じ。
そこで、

人の歌を描くのって勉強になるんですよね。
自分だけの目線じゃないから。

と言ってた。
そして、

歌を作るのは大変エネルギーを使う。
作り終わった後なんかはぐったり!
でも、これが良いって言われた時の喜びったらないですよ!

とも言ってた。
そこで、荘口さんが、

もし良かったら、あややの曲

と言った瞬間、亜弥ちゃんは、いえいえいえいえ!とめっちゃ遠慮モード。
遠慮モードというより、恐縮モードかな。

マッキーも、(歌が)こんな上手な人にって、恐縮モード。

マッキーが曲を作ってくれたら亜弥ちゃんは凄く嬉しいと思う。

マッキーの歌の良さを語りまくった亜弥ちゃん。
それだけマッキーの歌の魅力を感じている。

マッキーがスタジオの帰り際に亜弥ちゃんの事を凄いって褒めてたみたいだし、嬉しくてスキップして帰っていったみたいだし(笑)
それが今回の亜弥ちゃんのトークの全てを物語ってるでしょう。

もし、マッキーが描く亜弥ちゃんの歌が実現したなら、それは必ず素晴らしい作品になると思う。
少なくとも意味がないヒット曲なんかより、意味がある歌として誕生すると思います。
亜弥ちゃんとマッキーの世界観が詰まった歌として。

だから、なにより聴いてみたい。
もし、このラジオがキッカケで実現したら、もう素晴らしいの言葉しかでないですね。





其の四:亜弥ちゃんの幸せこそが望む道の巻

松浦亜弥さん専門ブログ 荻野目洋子
ゲスト:荻野目洋子

亜弥ちゃんはスペイン帰りみたいですね。
ラジオで言ってたか知らない(聞き逃しの可能性があるので)けど、荻野目さんのブログで書いてました。
疲れてると思うけど亜弥ちゃんガンバレー!
ってもう放送は終わってるってーの(笑)

で、本題に。

元アイドルの荻野目洋子。
その『アイドル』という肩書きで苦労した事や、自由になれなかった事を話してくれて亜弥ちゃんも共感してた感じだった。

一流のシンガーから元アイドルまで、色んな話を共感して話せる亜弥ちゃんは、23歳には思えない程の濃い経験を沢山してるんだなって再度思いました。

そこで一番印象深く心にジーンときたのが結婚の話。
荻野目さんは、結婚している今も歌を続けていて温かいファンに囲まれているとか。
そこで亜弥ちゃんが、

松浦亜弥さん専門ブログ 金髪 あやや
< 結婚は自然の流れでしたいですね

ファンの人も応援してくれて、自然な流れで結婚できれば素敵だなって思う


って言ってた。
その亜弥ちゃんの話に荻野目さんは、

あややみたいな人には、反対する人は反対すると思う。
でも、あややが幸せであれば、みんな祝福してくれると思う。

と言ってた。

言葉以上にジーンとた。
それは、僕も荻野目さんと同じ事を思ってるから。

人は好きになる人すら自由に選べない。
気が付いたら、いつも勝手に決まってた。

っていう僕の中の名言があるんだけど、人を好きになるのは理屈じゃないし、人がどうこう言う問題じゃない。

だけど亜弥ちゃんには幸せになれる人とって凄く思ってしまう。
好きな人の幸せは自分にとっても嬉しいからね。





其の五:あやや大好き!マーティ・フリードマンの巻

松浦亜弥さん専門ブログ マーティ・フリードマン
ゲスト:マーティ・フリードマン

マーティは、自分が出版した?本に亜弥ちゃんをのせてるくらい亜弥ちゃんが大好きとの事。
トークでは、自分の事より亜弥ちゃんの話ばかりしてました(笑)
なんせ亜弥ちゃんが好き好きオーラが終始出てて楽しかったです!

そこで、マーティが絶賛してた歌はつんくが作った曲。
特に『T・W・O』と『×3』のアルバムと桃色片想いは大絶賛。

正直いうと今の亜弥ちゃんの歌についても感想を聞きたかった。
なんせ昔の歌のアレンジや発想の良さとかを楽しそうに、そして熱く語ってたので今の亜弥ちゃんの歌をどう感じてるのか個人的に興味があるから。

そこで亜弥ちゃんがつんく時代の話をしてくれました。

松浦亜弥さん専門ブログ 金髪 あやや
・レコーディングはブースまで入ってきて付きっきり。
・つんく自らの声で作ったデモテープで聴かされていた。
・細かすぎるくらいのつんくの世界に頑張ってついていった。
・注意されるのが嫌いなんで自らドラム音やベース音を上げたりしてレコーディング前から準備をしていた。
・特に桃色片想いはレコーディングに凄く時間がかかった。


聞いた事がある話も多かったけど、細かく話してくれて嬉しかった。(書き込みは省略してます)

そして亜弥ちゃんはボイストレーニングをした事がないみたい。

気持ちを込めて歌をうたう事で、技術も身につけて来たんだなって思いました。

そして喉については天性のものが少なからずあると思うけど、あの綺麗な高音をボイストレーニングなしで歌っているのはビックリしました。





其の六:最後に

亜弥ちゃんは、つんくの話をしてくれたので、少し昔話も入れて感じる事を書きます。
過去の事にしつこいのは、あんまり良くないとも思うんだけどね。

昔は亜弥ちゃんの才能を見抜いて本気で力を注いでたつんくだけど、亜弥ちゃんと目指す音楽が違ってきてから、何かもめてるんじゃないかと常に想像してた。
だから、僕はつんくは大嫌いだった。

昔から自分が何よりも大切にしていたのは亜弥ちゃんの言葉や表情。
なので色々心配をした事もあったけど、当時は亜弥ちゃんの笑顔を信じてついていくしかなかった。

しかし今は笑顔を信じるというよりも、笑顔は真実って感じ!
凄く良い笑顔になった。

なので、あの時期は良い経験をしたって感じでつんくをしたっているようにも感じるし、今思うと良い意味で大きく成長できた試練だったのかなって思う。

今は本当の自分を出そうって形で自分を大切に出来てると感じるから。
それって簡単そうに思えて凄く難しい事だと思うし、凄く素晴らしい事だと思います。

番組の最後に亜弥ちゃんは、自分の言葉の少なさ、自分の音楽に対する引き出しの少なさに凹んでたんやけど、凹む必要なんてない位、素晴らしい事を沢山言ってました。

でも、凹むのはもっともっと歌の世界にもぐりこんで引き出しを沢山持ちたいからだと思うし、そういう気持ちになれるのはもっともっと成長したいからだと思います。

亜弥ちゃん!
まだまだ人生長いよ!
まずは山あり谷あり、色んな試練にも乗り越えて素敵な30歳になってね!

ホント濃い5時間だったです!
亜弥ちゃんお疲れ様でした!!
凄く楽しかったですよ。





おまけ:中村あゆみさんからの電話の時に、亜弥ちゃん!私の娘がファンなんですよっ!って言ってました♪
スポンサーサイト

タグ : 松浦亜弥 あやや アラフォー2 NHK-FM

01:07  |  ラジオ番組  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。